「結構」いい家

築40年になるハウスメーカーの住宅リノベーション

軽量鉄骨造の構造特性で生かし
間取りと性能を一新
平家で決して大きくない建物なので
限られた空間を有効に利用することを第一に考えた
以前は天井の上に隠れていた屋根を支える為のトラス(結構)が
空間に面白いアクセントを与えている

before

after

家型の二つのボリュームがファサードに動きを与える

天井を屋根の形なりに高くとったことにより家全体を明るくした

玄関とリビングを一体とさせて空間の合理化を図った
広い玄関土間は客人の憩いの場となっている

ロフト収納を持つ主寝室
古民家から入手した建具を採用して落ち着きのある空間とした

もともと庭先にあった大きな石を玄関土間の踏み石として利用