凸凹の家

青い瓦屋根が印象的な、築46年の中古住宅。
外観・内観ともに雰囲気を払拭したいという要望から、凸の“増築”と凹の“減築”組み合わせて、プランを練りました。
全面改修ということで耐震診断を受け、耐震補強を行い、使いやすさと同時に安心も取り入れた建物となりました。

before

after

広い敷地を利用し、新たな住まい手の生活に合わせた動線・間取りを実現すべく1階部分の増築を、居室として必要のない箇所を減築し、屋根のかかった外部空間としました。
道路との境界の塀も解体し、開放的な家に。

二部屋続く和室の間仕切りをなくし、キッチンから一望できる、一室の明るいLDKに変更。

既存のキッチンの出窓をそのままに洗面・脱衣室の明り取りへ。

薄暗かった内部には、光を取り込みながら、より明るくなるようシンプルな仕上げを選定。
空間をまとめるため、水平ラインに出てくる収納棚、などは同材でそろえました。

すべてを新しくしてしまうのではなく、この家のあった姿も、これからの生活に取り入れます。

階段を降りた先には、少し遊び心も。