いかす家

『足守に住みたい』
『薪ストーブのある生活がしたい』
ご主人の転職もあり、予算的にも抑えたいとのことで、既存住宅の購入からスタートしました。
比較的良質な建物なので、今あるモノを”生かす”ことで予算を抑えながら、
薪ストーブの似合う住まいへと変わっていきました。

before

after

階段はそのままに、壁を取り払い空間を大きくしています。
薪ストーブを設置した床は下げてタイルとし、天井は吹き抜けとして2Fとつながりを作ってます。
薪ストーブの効果を十分に堪能できる空間となりました。

元々、和室の床の間と押入だったところを、TVの置けるリビング収納としています。
本とCDが沢山あるのですが、裏からも棚として使えるので全て納まりました。
天井は和室の名残を生かしてます。

TVの廊下も収納となってます。窓を開けると、足守川の風景を見ながら読書も出来るようにカウンターを設置。
天井と照明器具は昔のまんまです。

洗濯パンと電気の分電盤は生かしてます。