九十路(ここのそじ)の家

築90年の古民家をリフォームしました。親子から子へ三代、四代と引き継がれていくべく古き良き部分は生かし,現在の技術を加えて生まれ変わりました。
出来上がった『すまい』はどこか懐かしくもありつつ、劇的に快適になりました。

before

after

夜のリビングダイニング:薪ストーブが建物全体を暖めてくれます。照明計画もやさしい灯で夜はリラックスさせてくれます。

リビング・ダインニング全体の眺め

和室:畳を新品に入れ替え、壁のしっくいを塗りなおしただけの改修ですが、それ以上に若々しく蘇りました。

リビングから玄関への眺め

中庭として生まれ変わった空間

玄関:ガラス壁、飾り棚、大きな敷板と90年の家に相応しい趣のある玄関になりました。吹抜を設けたタテに長い空間は京都の町屋をモチーフとしました。

寝室:天井を取り除き90年前の大きな梁を見せ空間を大きくしました。踏段部分は全てフタが開いて収納となっています。

元小屋裏の空間を改修