Contribute to
建築家とのつながり

主役はケーキ、隠し味はバランス。
女性建築家とスウィーツ店、
幸せのマリアージュ。

真っ白な空間に映える色鮮やかなタルト。松田の目がキラリと光る。もともとお菓子作りが好きだった松田。そんな松田と古舞(nanome設計室)に届いたスウィーツ店の設計依頼。 オーナーの河原さんは果物の卸業を本業とするフルーツのプロフェッショナルだ。果物のおいしさ、美しさをもっと多くの人に愉しんでもらいたいとの想いでこの店を立ち上げた。 設計のポイントを松田に尋ねると「主役はケーキ」とさらりと言い切る。そこで意識したのが“バランス”。 木と真鍮の程よいさじ加減。生クリームのような漆喰の壁と曲線。そこには、いわゆるnanome設計室らしい透明感と清涼感が加味されている。 「でき映えはでき過ぎくらい」とほほえむ河原さん。「河原さんだからこそのびのび仕事させてもらいました」と返す松田。ふたりの笑顔がこの店の秘密…そんな気がした。

建築家お気に入りの店:
フルーツタルト専門店 Gowdy

リストへ戻る
お問合せはこちら